旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

46

「殺したん? 殺してもうたん? 死んだんか? 野村、死んでしもたん?」
 隣の男が目を輝かせた。細い目から正気が伺えた。本当に事件が好きなのだろう。
「ほんで、どうなったん?」
 男は持っていた新聞を膝から落とした。新聞よりも、この話に興味を持ったようだ。新聞を拾い上げようとすると、放っておけとばかりに、身を乗り出した。
「この中に続きがあるので……」
 そう言うと、男は言葉を失い、せがむのを止めた。

 大阪若手芸人も懇願!
 ミナミOL殺人事件、明日時効

 その片隅の記事を指差し、男に手渡した。黙って記事に目を移すと、見出しを小さく読み上げた。

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.