旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

39

「アホやな、カワシマ……。余計なこと言いよって。アメリカにおることにとしいたらよかったのに」
 隣の男は舌打ちをした。完全に物語に入り込んだ観客だった。オペレータに同情している。
「鎌かけられたんやな。かなわん客に捕まったな」
 この男は、罵られても衝動で人を殺めることのない、分別のある普通の人間だ。加害者に感情移入することはない。
 しかし、分別のある普通人であったとしても、必ずしも正義感があるとは限らない。現場に居合わせても、傍観者に紛れるだけの人間かもしれない。見て見ぬ振りをする。望んで世の中と関わらずに生きているのだ。目前で起こっていることも、現実とは受け入れない。警察にも通報しない。

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.