旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

31

「ね、殺意を抱きませんか?」
 そう言うと、ベンチの男はきょとんとした顔をした。
「余計なこと言うからや。せめて電話切ってからにせなアカンわ。アホやな。ほんで、……どないなったん?」
 返答は質問に取って代わっていた。もともとこの男は、罵倒が殺人未遂を生んだ事件のことをあり得ないと言った。可能性について話していたはずだが、焦点がすり替わってしまった。まるでドラマの話を聞いているようだ。
 続きを知りたがった。暇は十分あるのだろう。細い目を倍に見開いている。
 三面記事が好きなのだ。それが現実であってもそうでなくても、この男には物語でしかない。

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.