旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

30

『申し訳ございません。それは仰ってくだされば……』
「ほんだら、送ってくれたらええやん」
『今すぐには……』
「だから、もう一回だけって言うてるやろ」
『お客様、だから、違法なんです』
 オペレータは強い口調になった。
「もうええわ」
 吐き捨てたものの、受話器を置くことができなかった。
 すると、
『……うるさい客や。だから禿げるねん』
 電話が切れる寸前に小さくそう聞こえた。耳を疑いながら、こめかみの血管が切れる音がした気がした。すべての不満がこのオペレータに向かった。口火を切ったのは、この女のこの言葉だ。

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.