旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

12

 産毛と共に運が廻ってきた、そう思った。注文を代行するだけで、手数料を得ることができる。後はすべてアメリカ屋任せで事が運ぶ。
 再び、アメリカ屋のホームページを隈なく見た。今度はアメリカ屋を利用するに当たってのガイドページを細かく読んだ。
 アメリカ屋は良心的だった。不良品のすべてを受け入れて負担する。問い合わせ等の通信には、Eメールだけでなく、電話とFAXのフリーダイヤルを設けていた。日本人スタッフによる日本語の対応が受けられる。
 仕事を与えてくれるという歓喜から、その通販会社が信用できる会社であると自分に言い聞かせていた。そうあって欲しいと望んでいたからだ。
 会社案内のページだけでなく、取り扱い商品にも目を向けた。しかし、やはり他の商品には興味が持てなかった。自分と縁がないせいで、必要性が感じられないのだ。
 その点、育毛剤は違った。

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.