旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

53

「遠海! 何処行くんや」
 達也の声が聞こえたのだ。病院を抜け出してきたのだろう。後ろから海里の祖母も心配そうに追いかけてきている。
 根岸は狂ったようにカメラを遠海に向け、シャッター切り続けた。
「遠海!」
 遠海は振りかえると大きな声で言った。
「私……人間だわ。ひとりの人間。生きてる」
 根岸はレンズを通して見た遠海の姿に息を飲んだ。そしてゆっくりとカメラを下ろした。人間だと言った彼女は誰の目にも妖精に映った。
 根岸は鼻で笑うと、カメラからフィルムを取り出し、達也に向かって投げると、その場から去っていった。
 いつの間にかいなくなっていた老女は、何かを抱えて遠海の目の前に現れた。
「これ、持って行きなさい」
 彼女が差し出したのは一枚の水彩画だった。遠海はそれが誰によって描かれたものか、そして誰を描いたものか、すぐに理解した。
「ありがとう、おばあちゃん」
 老女は皺をより一層深くして頷いた。

 


                                                                      了

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.