旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

46

 レスキューの男たちが数人現れたが、もはや救助できる状況ではない。
 そのとき、ひとりが双眼鏡を覗きながら叫んだ。
「こっちに向かって泳いでる」
 松下徹は、ただ一人呆然とその波の前に立ち尽くしていた。十八年前の記憶が嵐のように襲いかかった。あの日と全く同じ空気がそこにあった。
「仁海……」

--大丈夫、力を抜いて。
 あのとき、確かにそう聞こえたような気がした。まるでイルカの背に乗ったように大波を潜り抜けていった。そのうち彼は海に抱かれているような気持ちになった。恐くはなかった。もう彼の耳には何も聞こえなくなった。

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.