旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

33

---台風で大荒れ。波に飲まれた学生、三人のうち二人無事保護、一人重症……


 根岸はしばらくその記事を見つめていた。
 駅へ向かう人々が、立ち尽くす彼を横目に過ぎていったが、全く気に留める素振りはなかった。そんな男を現実に戻したのは、
「お前それでええんか? オレやったら納得行けへんわ」
「オレかって、諦められへんけどな」
 二人の男子学生の会話だった。
  根岸は決意したかのように、タバコを握り締め、階段を上り始めた。

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.