旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

32

「根岸さん、オレです」
 彼は、何故か声を潜めていた。
「部長がカンカンです。あの悪く思わないで……」
 そう言った瞬間、別の声がした。
「根岸、お前、何処におんねん。勝手なことばかりしてたら、いい加減、クビやぞ。何十年も前の古臭い事件に拘ってもな、部数は伸びれへん」
 上司の藤田がアルバイトに電話を掛けさせたようだった。
「うちはスポーツ誌ちゃうねんからな。水泳選手なんかどうでもええねん。事件じゃ、スクープ、最新のスクープじゃ」
「部長、あの……、これはスクープです。だから」
「今すぐ、帰ってけぇへんから、クビや。分かったな」
 電話を一方的に掛けてきた上司は、一方的にそう言って電話を切った。
 根岸は大きくため息をつくと、タバコを一本取り出し口に加えた。そして、火をつける前に、カメラバッグのポケットから古びた新聞記事を取り出した。

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.