旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

6

「松下遠海さんだね。君をずっと捜してた。私は、東京グラフのカメラマンで……」
 男は、ジャンパーのポケットを探って、名刺を取り出し、遠海に差し出した。
「根岸、根岸吾朗っていうんだ。取材させて欲しいんだ」
 達也は、俯いている遠海の腕を引っ張って歩き始めた。
「学校の水泳部の顧問に通してからにしてください」
 男は、名刺を差し出したままついてきた。
「おっさんも、しつこいなぁ」
 達也は、遠海を自転車の後ろに積んで、一気にこぎ出した。しばらく男は走って追いかけてきたが信号で立ち止まった。
「何や、あのおっさん……」
 本当なら、遠見に取材が殺到してもおかしくないのだ。無言でいる遠見を背に感じながら、達也は考えずにはいられなかった。遠見が大会で仮病の振りをしなければ、こんな風に二人乗りをして、下校することもなかっただろう。

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.