旧堺港界わい

Keishin Honda

   ※カテゴリーのタイトル別に1から内容が続いています。

6

 日曜日、堺に向かった。太郎が心配してついてきているのを私は知っていた。本人は全く気づいてはいない。それが彼のいいところなんだと、母なら言うだろう。
 早朝、彼からご機嫌伺いのメールが一通届いていた。今日は、母親の用事で出かけると返信しすると、彼も散髪に行くから忙しいと返してきた。そのくせ、散髪にも行かず、私の後をついてきている。いつものことだ。私が声を掛けなければ、彼も掛けてきたりはしない。途中はぐれることもあるが、私が家に帰るのを見届けて帰っていく。気味の悪いストーカーだ。
 最近は 、鉄道のICカードがあるから切符の心配がない。尾行にはもってこい、行き先も確認不要なのだ。私が切符を買っている間も離れた場所で平然と待機している。
 堺までは、私鉄から地下鉄に乗り換え、また私鉄に乗る。地図では近いが、実際は遠回りだ。頻繁には躊躇してしまうだろう。
 それでも初めて対面するとなれば、緊張と期待に感情を交差させ、思っていた人と違っていたら、という不安も隠せないものだ。母もこんな時間を過ごしたのだろうか。

当サイトに掲載の記事・写真・図表など転載を禁止します。
Copyright (c) 2020 KSHD All Rights Reserved.